2 二日酔いの起こる機構と軽減策

 

(2) 第2段階:アセトアルデヒドの酸化による酢酸の生成
 アセトアルデヒドは反応3に従い、アセトアルデヒド脱水素酵素とNADの作用により酸化され、酢酸に変化します(文献2-1,4)。

図 2-2 エタノールから酢酸までの分解経路

 

 以上をまとめると図2-2のようになります。アセトアルデヒドが生成する経路は三つ、アセトアルデヒドが分解する経路は一つです。NADは反応1及び3で消費されます。

(3) NADHよりNADの再生
 アルコール脱水素酵素によるエタノールの分解は可逆反応であり、反応は大きく左方向に偏っており、アセトアルデヒド濃度は高くならないように保たれています(文献2-4)。逆反応により反応が左に進むと、NADHが消費されてエタノール及びNADが再生されます。しかし、最終的には再生されたエタノールは同量のNADを消費してアセトアルデヒドに変化することになります。
 NADが関与する酸化還元反応は人体にとって非常に重要であり、NADが消費される反応及びNADHよりNADが再生される反応は、前記のほかにも多く存在します。

                         「(4) 二日酔いが起きる機構 ]に進む              

Pages: 1 2 3 4 5 6 7