3 糖質と二日酔いの関係

(6) 文献記載の二日酔い予防策の整理
 これまで引用してきた文献3-8、3-9に記載してある二日酔い予防策の内、疑問のあるものを除き、デンプンや米は糖質として修正すると次のようになります。
①良質のタンパク質を酒類と一緒に摂取する。チーズ、卵、エビ、カニ、魚肉、牛肉、豆類など。
②二日酔い防止に有効な成分を摂取する。有効な成分:ビタミンB2、ビタミンB複合体(葉酸、ビオチン、B6、B1、ナイアシン、パントテン酸など)、ビタミンC。
③胃、肝臓及び腎臓に負担のかかる食品を避ける。脂肪分、強い刺激性の香辛料、大量の糖質、漬物類、生野菜、繊維質の果物なども避ける。
 なお、文献3では胃、肝臓及び腎臓に負担のかかる食品にピーナツを含めてありますが、①には望ましい食品として豆類が掲げてあり矛盾すること、ピーナツはナイアシン含有量が高いという長所もあることから本項から削除しました。

 

 

 

              「(7)  結論 生化学理論に基づく二日酔い軽減策」に進む                  

Pages: 1 2 3 4 5 6 7 8