第3章 単式蒸留機の機能

 

3-3 単式蒸留器によるエタノール水溶液の蒸留

 エタノール水溶液を図3-4のような蒸留器に入れて加熱し、沸騰させるとエタノール水溶液に平衡な蒸気が発生します。 
  発生した蒸気は蒸留缶内を上昇しますが、外部は温度が低いので、蒸気の一部が凝縮します。残った蒸気を冷却器に導入して冷却すると留出液が得られます。
 図3-4のような蒸留器で蒸留を行うと、蒸留缶液のエタノール濃 度が次第に低下するので、留出液の濃度も次第に低下します。

図3-4 単式蒸留器によるエタノール水溶液の蒸留

   図3-5に、単式蒸留器によりエタノール水溶液を蒸留した場合の、留出液と缶液のエタノール濃度の測定例を掲げます。
   横軸は留出液量(留出液の原料に対する割合(%))、縦軸はエタノール濃度(%v/v)で、は缶液、は留出液、は缶液に平衡な留出液のエタノール濃度(%v/v)です。缶液に平衡な留出液のエタノール濃度(%v/v)は図2-5から求められます。
 図3-5から明らかなように、留出液のエタノール濃度()は、缶液()に平衡な濃度()より高くなっています。

(図3-5)
図3-5    単式蒸留器によるエタノール水溶液の蒸留

 

   「3-4  水-エタノール蒸気の分縮による濃度変化」に進む  

 

Pages: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13