第2章 単式蒸留機に関する基礎的な事柄

 

2-7 濃度の表記方法

  酒類のエタノール濃度は通常容積百分率(vol%または%v/v、式2-2)で表されますが、溶液の濃度は容積基準のほか、重量または分子数(モル数)を基準とした表記方法があります。
 図 2-7には、エタノールと水の気液平衡について容積百分率のほか、重量百分率(wt%または%w/w、式2-3)及びモル百分率(mol%、式2-4)を合わせて示しました。

  なお、エタノールと水は、混和すると発熱して容積が減少するので、式2-2の分母は混和後の溶液の容積です。

図2-7    エタノールと水の気液平衡図

                 第3章に進む              ”                  

         「2-8   引用文献」に進む         

Pages: 1 2 3 4 5 6 7 8