第2章 単式蒸留機に関する基礎的な事柄

 

2-3  エタノール水溶液の沸騰

 25vol%エタノール水溶液をビーカーに入れて加熱すると、1気圧では86.9℃で沸騰します。図 2-3のように、液面近くの泡の内部の圧力は大気圧に等しい。この時、泡の内部には水の蒸気とエタノールの蒸気が共存しています。したがって、泡の内部の圧力は水の蒸気圧とエタノールの蒸気圧の和で表されます。
 水の蒸気圧をPw(atm)、 エタノールの蒸気圧をPe(atm)とすると、液面に近い泡の内部の蒸気圧は1 気圧であり、式2-1で表されます(ドルトンの法則)。

 Pw + Pe = 1.0                      (2-1)

図2-3    エタノール水溶液の沸騰

 

     「2-4  濃度の異なるエタノール水溶液の沸点」に進む    

 

 

 

 

 

 

 

 

奄美大島東海岸、太平洋を望む

Pages: 1 2 3 4 5 6 7 8