第2章 単式蒸留機に関する基礎的な事柄

 

2-2 純物質の蒸気圧の温度による変化  

  図2-1 に掲げたように、水の場合、100℃における蒸気圧は1.0気圧ですが、水の蒸気圧は温度により変化します。0℃から100℃における水の蒸気圧を図2-2に掲げます。図2-2において、横軸は水の温度、縦軸は蒸気圧(atm)です。
 圧力を表記する場合、現在ではパスカル(Pa、1気圧= 101,325 パスカル)を使用することとなっていますが、 図2-1  と同様に図2-2の縦軸は気圧(atm)としました。

図2-2 水の蒸気圧
(文献2-1のデータより作成)

 

      「2-3 エタノール水溶液の沸騰」に進む       

 

 

 

 

 

 

 

 

奄美大島、大浜海浜公園の落日

Pages: 1 2 3 4 5 6 7 8