第8章 循環型蒸留機(試案)

 

8-6 循環型蒸留機の蒸留方法

①棚段付き蒸留機(図 5-2)の部品装着孔に部品を装着して、図8-2または8-3のように循環型蒸留機の形状とします。
②表5-1(再掲)を参考にして、蒸留機の運転条件を設定します。留出液の組成は5個の運転要素(装置)により調節することができます。以下、 バブルキャップ式再蒸留型蒸留機の場合(7-3-3 )と同様に蒸留を行います。
③仕込部(1)で発生した蒸気はバブルキャップ(13)から再蒸留部貯留液(10)に注入され、注入した蒸気は再蒸留部貯留液(10)中で凝縮し、再蒸留部貯留液の蒸発が起きます。
 発生した蒸気の一部は再蒸留部(2)内で凝縮し、生じた凝縮液は再蒸留部貯留液に流入します。
 また再蒸留部から流出した蒸気を分縮機(16)により冷却し、得られた分縮液の一部または全部を再蒸留部に還流する場合は、還流液も再蒸留部貯留液に流入しますが、溢流管(12)または自動バルブ(図8-3)により一定量を超える液体は仕込液(9)に流入するので、再蒸留部貯留液量は一定に保たれます。
④留出液のアルコール濃度が前もって定めた濃度まで低下したとき、仕込液の加熱を停止します。

図8-2  再掲                                                                                                 図8-3  再掲

図8-2 循環型蒸留機(試案)  
記号
1:仕込部、2:再蒸留部、3:保温材、7:直接加熱装置、9:仕込液、10:再蒸留部貯留液、 11:蒸気導管、12:溢流管、13:バブルキャップ、14:逆流防止蓋、16:分縮機、 17:冷却機、22:留出液、43:安全弁

図8-3 自動バルブを利用する循環型蒸留機(試案)

 

 

 

 

 

表5-1再掲

 

 

       「8-7 留出液の性状」に進む       

Pages: 1 2 3 4 5 6 7 8