第7章 再蒸留型蒸留機(試案)

7-3 バブルキャップ式再蒸留型蒸留機(試案)

7-3-1 バブルキャップ式再蒸留型蒸留機の構造

 再蒸留部の液中に仕込部から上昇する蒸気を注入する再蒸留型蒸留機の構造(試案)を図7-6に掲げます。蒸気導管(11)が短い場合や、再蒸留部貯留液(10)を水で希釈して蒸留する場合など、再蒸留部貯留液面が蒸気導管上端より上になる場合は本形式により蒸留する必要があります。

(図7-6)
図7-6 バブルキャップ式再蒸留型蒸留機(試案)
記号
1:仕込部、2:再蒸留部、3:保温材、6:間接加熱装置、7:直接加熱装置、9:仕込液、10:再蒸留部貯留液、11:蒸気導管、13:バブルキャップ、14:逆流防止蓋、15:密閉用蓋、16:分縮機、17:冷却機、22:留出液、26:注水用バルブ、43:安全弁

 

   「7-3-2  バブルキャップの装着方法(試案)」に進む   

Pages: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11