第7章 再蒸留型蒸留機(試案)

7-2-3 蒸気導管(11)への逆流防止蓋(14)の装着方法

 気中噴出式再蒸留型蒸留機(図7-2)の場合、再蒸留部(2)から蒸気及び凝縮液が仕込部(1)に流入しないように、図7-5のように、蒸気導管(11a)の上端に弁の作用をする逆流防止蓋(14)を装着します。
装着方法
①逆流防止蓋(14)にはスペイサー(39)より直径が大きな装着用の穴を設けておきます。
②蒸気導管上端のフランジ(33b)にスペイサー(39)を固定します。
③前記スペイサーに、逆流防止蓋(14)の装着用穴を差し込み、上下可動として装着します。

図7-5 蒸気導管への逆流防止蓋の装着方法(試案)
 記号
11a:棚段固定用蒸気導管、14:逆流防止蓋、 39:スペイサー、 40:ストッパー

 

 「7-2-4 気中噴出式再蒸留型蒸留機による蒸留方法」に進む 

Pages: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11