第4章 棚段付き多機能単式蒸留機開発の目的

4-4 単式蒸留機の特性

 単式蒸留機の短所の改善について検討するに当り、従来の常圧単式蒸留機の特性をまとめると、図4-3のようになります。
①発酵の終わった醪を蒸留すると、低沸点成分、揮発成分及び不揮発成分に分離されます。低沸点成分は蒸留初期に除かれ、それ以外の揮発成分は留出液となり、不揮発性物質は蒸留機に残留します。
②留出液の主成分はエタノールと水であり、それ以外に微量成分と油状物質が含まれていますが、油状物質は冷却ろ過により除去されます。
③微量成分には好ましい成分と、好ましくない成分があります。焼酎の品質は微量成分の種類及び含有量により決定されます。
④微量成分の中には、元々醪に含まれていた物質と、蒸留中に生成した物質があります。
⑤醪に含まれている物質及び蒸留中に生成する物質に、それぞれ好ましい成分と、好ましくない成分があります。
⑥蒸留缶液に含まれている多数の揮発性物質の中から、特定の物質を分離、除去することは、単式蒸留機ではできません。

 


図4-3 単式蒸留機の特性

 

     「4-5  従来の単式蒸留機の短所の解決方法」に進む    

Pages: 1 2 3 4 5 6 7