第4章 棚段付き多機能単式蒸留機開発の目的

4-2  従来の常圧単式蒸留機の長所

 多機能単式蒸留機は、従来のポットスチル型蒸留機の長所を生かした蒸留、及び短所を改善した蒸留を実施することを目的としています。長所をまとめると図4-1のようになります。
①豊潤な香味の焼酎の蒸留
 単式蒸留機は醪を蒸留した場合に、多数の微量成分を含んだ留出液が得られ、豊かな味と香りのある焼酎を蒸留することができます。
②芳香成分の生成
 蒸留時の蒸留缶液の温度が約100℃になるため、化学変化によりバニリン前駆物質やテルペンアルコール類など芳香を有する物質が生成して留出すると報告されています。焼酎醪には非常に多数の成分が含まれており、上記のほかにも多くの化学的な変化が常圧蒸留焼酎の香気に影響していると推察されます。
③装置の運転は簡単
 調節可能な運転量はスチーム量だけであり、装置の運転は簡単です。しかし、スチーム量の調節による焼酎の香味の調節の幅は限られています。

 

図4-1 常圧単式蒸留機の長所

 

 

     「4-3  従来の常圧単式蒸留機の短所と問題点」に進む     

Pages: 1 2 3 4 5 6 7