第2部第3章 糖質と二日酔いの関係

 

3-3 人体内におけるグルコース及びエタノールの消化
 図2-4のように、酵母はグルコースを消化する時、酸素が十分にあれば炭酸ガスと水まで分解してしまいます(式2-3)が、酸素がない場合はアルコール発酵と呼ばれており、エタノールと炭酸ガスまでしか分解しません(式2-4)。酵母が、グルコースを途中まで消化したのがエタノールです。
 一方、人間がグルコースを食べると式2-3により、炭酸ガスと水まで分解され、エタノールを飲んだ時も式2-5により、炭酸ガスと水まで分解されます。
 したがって、人間がエタノールを飲むということは、酵母がグルコースを途中まで消化した物を、人間が続きを消化するということです。

 

 

 

 

 

 

 

図 2-4 グルコースとアルコールの消化

 

              「3-4 エタノールとデンプンの消化経路」に進む                  

Pages: 1 2 3 4 5 6 7 8