第2部第1章 二日酔い予防方法諸説と問題点

1-4 二日酔い予防対策における糖類善玉説とデンプン悪玉説

1-4-1 文献記載の二日酔い予防方法の矛盾点
 前項では文献に記載されている二日酔い予防法を8項目に集約し、その中から疑問のある方法として、酸性食品、アルカリ性に関する項目及び単糖類によるアルコール酸化促進に関する項を除くと、4項目にしぼられました。しかし四項目の中で次の二つの事項については矛盾が感じられます。
矛盾事項その1
 前記②飲みはじめてから糖分を補給することが望ましく、柿、蜂蜜、ケーキ、和菓子などを一緒に摂取する(文献1-6、1-9、1-10)。
矛盾事項その2
 前記④胃、肝臓及び腎臓に負担のかかるから避けた方が良い食品中に、大量のデンプン、及びお茶漬が記載されています(文献1-6)。
 また、1998年12月23日に放送された視聴者参加番組、NHKためしてガッテン、クイズお酒の新常識(文献1-12)では、「チーズ、おにぎり、豆腐、唐揚げ」の中で、悪酔いしやすいおつまみは「おにぎり」が正解であり、その理由は、糖質はアルコールがアセトアルデヒドに変化するスピードを速くするためと解説されましたが、前記したように、この解説は誤りと考えられます。しかし、サラリーマン10人中、7人が「悪酔いするのはおにぎりである」と回答したのは、経験によると考えて良いのではないでしょうか?

 「矛盾事項その1」は「糖類」が二日酔い予防に効果がある、つまり糖類善玉説であり、「矛盾事項その2」については、お茶漬け及びおにぎりの主要成分は、水を除くとデンプンですから、デンプン悪玉説ということになります。

1-4-2 糖類善玉説
 糖分を補給することが望ましいということの根拠としては次の2項目があげられています。
①低血糖の予防、回復
 海外を含めて、飲酒後血糖値が低下するという多くの報告があり(文献1-6、1-9)、その対策として文献1-9には、「柿果汁中に含まれるブドウ糖、果糖、蔗糖、マンニットなどの多量の成分は急性アルコール中毒時の低血糖を予防、回復に役立つであろう」と記載されています。
 文献1-6の164頁には、「二日酔いを防ぐためには飲んだ後で、甘い物を補給することが望ましく、蜂蜜が最高」と記載されていますが、165頁には「酒に強くなる方法」の一つとして「飲み始めてから途中で糖分を補給すること。蜂蜜なら最高ですがケーキ類でも和菓子でも間に合います」と記載されています。
文献1-10には、悪酔いを防ぐ法の一つとして「ブドウ糖や果糖を多く含む柿や蜂蜜(特に蜂蜜がよい)などを酒と一緒に摂取する」と記載されています。

②肝臓のエネルギー補給
 文献1には「アルコールを摂取するとその解毒のため、肝臓の化学的エネルギーが消費されるから、柿果汁中のブドウ糖、果糖、蔗糖、マンニットなどの糖類はその補給にも役立つであろう」と記載されており、文献2には「肝臓のインスタントエネルギーとなる糖分を欠かさない」と記載されています。

1-4-3 デンプン悪玉説
 文献2には胃、肝臓及び腎臓に負担のかかる食品として大量のデンプン、おちゃづけが記載されています。負担がかかるということの具体的な説明はありません。
 1998年12月23日に放送された視聴者参加番組、NHKためしてガッテン、クイズお酒の新常識(文献1-11)では、サラリーマン10人中、7人がおにぎりは悪酔いすると回答しました。
 大量のデンプンというのはどの程度の量か明確ではありませんが、お茶漬けやおにぎりは大量に食べるものではないと考えられます。
 しかし、調べた範囲では、米を食べると悪酔いする理由については、酸性食品であるとの記載以外に、明確に記載した文献はありませんでした。

1-4-4 疑問点
 ご飯類などに含まれるデンプンは食後体内で速やかにグルコース(ブドウ糖)に分解されます。したがって、飲酒時に蜂蜜やケーキが良くて、お茶漬けやおにぎりが悪いというのは矛盾しているように考えられます。
 蜂蜜をなめながら酒を飲むことが本当に身体に良いのでしょうか?これを敷衍(ふえん)すると、酒に蜂蜜や砂糖を混ぜて飲んだ方が体に良いことになり、甘ったるい酒が体に良いことになります。これは酒の本質に関わることであり、酒造りの根幹に関わることです。
 飲酒時に糖類が良くて、ご飯類が悪いというのは、どちらかが誤っているとしか考えられません。さらに検討したいと思います。

 なお、飲酒後の低血糖の治療として糖類が有効であるということ、また肝臓のエネルギーに関することは医学に関わることですから、当サイトではふれないこととします。

 

                        2部 第1章 引用文献 」に進む                                      ” 

                 第2部 第2章  二日酔いの起こる機構と軽減策」に進む          

 

Pages: 1 2 3 4 5