第1章 単式蒸留機の構造

 

1-4 文献における用語「単式蒸留機」

 日本で「単式蒸留機」という用語がいつ頃から用いられたのか、筆者が調べた範囲でははっきりしません。「日本のウヰスキー製造の創始者」といわれる竹鶴政孝がスコットランド・カンベルトン市でウヰスキー製造を実習し、1920年5月帰国直前にまとめた実習報告書(文献1-9)には「ポットスチル」及び「単式ポットスチル」という言葉が多用されています。同報告書には「短い文句によって直訳しえない言葉」として手書き文書の写真「テクニカルターム」が掲載されています。その中では「Pot Still」の訳語は「単式蒸留機」となっています。

         「 1-5  蒸留機能による単式蒸留機の分類」に進む          ”  

 

 

 

 

 

 

 

 

奄美大島、名瀬湾の立神

Pages: 1 2 3 4 5 6 7