単式蒸留焼酎の研究室

博士(農芸化学) 佐無田 隆

 記事の内容(詳細は右欄の通り)
第1部  単式蒸留機と多機能単式蒸留機
 第1章  単式蒸留機の構造
 第2章 単式蒸留機に関する基礎的な事柄
 第3章 単式蒸留機の機能
 第4章 有孔棚段付多機能単式蒸留機開発の目的  
 第5章 有孔棚段付多機能単式蒸留機(試案)
 第6章 再蒸留型蒸留機に関する研究及び実証蒸留機
 第7章 再蒸留型単式蒸留機(試案)
 第8章 循環型単式蒸留機(試案)
 第9章 香気成分の抽出蒸留び不揮発性有用物質の抽出・濃縮
 第10章 有孔棚段付多機能単式蒸留機のまとめ
 第11章 関係特許公報及び研究報文

第2部 生化学理論に基づく二日酔い軽減策
   ・・・・・糖質とエタノールの消化は競合する。・・・・・
 第1章 二日酔い予防方法諸説と問題点
 第2章 二日酔いの起こる機構と軽減策 
 第3章 糖質と二日酔いの関係
        ・・・エタノールと炭水化物の消化は競合する・・・
     (以下今後掲載予定)
 第4章 二日酔いしやすい料理と酒
                                                    
                             ご連絡、ご感想などはこちらからどうぞ

 

 蒸留酒には多くの謎があります。単式蒸留機は古代からあったそうですが、現在でもやかん(薬缶)のような形の蒸留機(ポットスチル)が使われています。ポットスチル型単式蒸留機は、発酵液を加熱し、流出する蒸気を冷却して蒸留酒を得るだけ装置で、蒸留酒の香味を調節することはできません。しかし、ポットスチル型蒸留機は形が異なると、蒸留酒の香味が変化します。したがって、蒸留所によって蒸留機の形が異なると、蒸留所毎に香味が異なり、それが各蒸留所の個性とされています。第1部では1台の蒸留機で多様な蒸留ができる多機能単式蒸留機を紹介します。 
 古来、多くの酒飲みが二日酔いに苦しい思いをした結果、二日酔い対策については多くの通説があります。しかし、医師に二日酔い予防方法を尋ねたら、「飲む酒を減らすか、やめる以外に二日酔いを予防する方法はない」と答えられるに違いありません。酒を多量飲んだら二日酔いは避けられません。二日酔いを軽くする方法についても多くの説がありますが、どの説が正しいのか明らかではありません。しかし、飲んだ酒の種類や飲酒時に食べた料理の種類によって、酔い覚めが異なることは経験するところであり、予防は無理としても、二日酔いを軽く済ませる方法はありそうです。二日酔い軽減法について、生化学的に検討した結果を第2部として掲載します(順次掲載予定)。ただし、理論的な考察のみで実験データはないことをお断りしておきます。
 私の誤解や認識不足もあると思いますので、お気付きの点がありましたらご指摘ください。

 

お知らせ
(2021年2月27日)
 第2部第3章を追加し、フロントページも訂正しました。

  (2021年1月21日)
 サイトをリニューアルし、第2部を追加しました。第2部は順次掲載して行きます。
(2021年1月6日)
 2006年に取得した特許第4898358(2006)(文献 0-6)に係る特許権は2021年1月5日を以て終了しました。本記事中関係箇所は訂正しました。特許第4898358(2006)につては今後ご自由にお使いください。
(2020年5月15日)
[ 有孔棚段付多機能単式蒸留機に関する特許の利用について ]
    有孔棚段付多機能単式蒸留機
には、特許(文献 0-4)が使用されています。前記特許を用いた蒸留機を製造して使用または販売する場合には、特許権使用許諾契約を締結して頂く必要があります (10-2 )。
 
(2019年12月5日)
[ 棚段付き蒸留機に関する特許について ]
 有孔棚段付多機能単式蒸留機については2018年9月に特許を出願し、2019年11月に特許が確定しました。
 発明の名称 蒸留装置及び蒸留方法
 出願番号  特願2018-186952
 出願日   2018年9月12日
 特許番号  第6617989号
 登録日   2019年11月22日  
                                                                                                                           

記事の追加または訂正
(2020年12月6日)
旧稿では孔のある棚段を有する単式蒸留機には「棚段付き単式蒸留機」という名称を用いていましたが、従来の「棚段付単式蒸留機」(文献 0-3)と区別するため、「有孔棚段付多機能単式蒸留機」に訂正し、文章の一部を訂正しました。
(2020年9月22日)
[第1章]
 1-2  「単式蒸留機」という用語の歴史的な経緯
     一部訂正しました。
 1-3 「単式蒸留機」と化学工学における「単蒸留による蒸留機」の相違
    『「単式蒸留機」と化学工学における「単蒸留」の相違』と記載していたのを訂正しました。
(2020年9月18日) 
[第3章]
  理論段数と平衡蒸留回数の相異を明確にし、内容を書き換えました。
(2020年6月3日)
[ 第5章 ]
  「5-4 仕込部の構造」の記事の一部を訂正し、「図5-5 手動バルブ」、「図5-6自動バルブ」を追加しました。
[ 第8章 ]
  「8-2 循環型蒸留機の構造」の記事の一部を訂正し、「図8-3 自動バルブを用いる循環蒸留」を追加しました。
  「8-6 循環型蒸留機の蒸留方法」の記事の一部を訂正しました。

 

           第1部 単式蒸留機と多機能単式蒸留機 へ進む      


この頁の最終改定日       2021年   3月 9日       
研究室開設日         2019年   7月 5日